「俊じいとあそぶ会」

谷川俊太郎さんが、また、やってきてくれました。


3年前にも来てくださって、そのときに83歳だということも知りました。
次の年に来てくれることになったのですが、谷川さんが風邪ひいちゃったり、学校の方もインフルエンザが流行っていて学級閉鎖をするクラスがいくつもあったりして、結局、その年は「俊じいとあそぶ会」を中止しました。ご年齢を考えるともう学校に来てもらうこともむずかしいとも思っていました。


3年前に中3だった人がいまは高3になっていて、3年前の谷川さんとあそぶ会をもう一度やりたいという話を聞きます。あのときの3年後だと86歳になっているはず。むずかしいと思っていましたが、ダメ元で連絡してみたら想像以上にお元気で、「いいですよ」と快諾してくださいました。

当日、タクシーでやってくる谷川さんを迎えるために外で待つ生徒から「もうすぐ俊じいが来るんだ」と電話をもらい、一緒に待っていると、谷川さん登場。谷川さんをもう一度呼びたいという子から、涙がぽろぽろ出ています。

谷川さんは「い」の真下のソファに座ってます


谷川さんサイン会

会が終わるとサインしてほしい人たちの行列ができました。
自分の持っている谷川さんの本を持ってきて、「サインを」という人たちもいるし、なんだかそのあたりにある紙でサインを求めたり。

今日谷川さんが座っていたソファは「いやいや貸してくれた音楽科のソファ」らしく、貸す条件として「谷川さんにサインをもらってこい〜」と、これもまたご快諾。


そういう事情を聞いた俊じいが、ソファのうしろにサインしてくれました。

「また連絡してね」と、お帰りになるときに言葉をもらいました。

もしかすると、来年も来てくれるかなぁ。

なかの。

このブログの人気の投稿

新しい教室での授業がはじまりました

2017年度 自由の森学園入学式 校長の言葉