秋空と焼畑

















やっと、すがすがしい秋空になりました。


やっと、というか、もう、というか、残暑はどこへ??

とも言えますかね。

昼過ぎから、空気もカラッとしました。


そんな秋晴れの中、3階から見下ろすと、、、


高校生の選択自然の生徒たちが

焼畑と、そのあとソバの種撒きをしていました。


以前にも書きましたが、宮崎県の椎葉村から頂いて来た

5500年続く古来からのソバの種です。


あっという間に発芽するんですよね。

収穫の秋。読書の秋。

いろいろ秋は楽しそうです。


てつひさ

このブログの人気の投稿

2017年度 自由の森学園入学式 校長の言葉

「俊じいとあそぶ会」

東京大学×自由の森学園 教育・研究交流連携がはじまります