夏の演劇講座の、ゲネプロ


いくつかある「スタディツアー」のひとつの演劇講座で、公開ゲネプロがありました。

もう何年前になるのだろう、学校の演劇講座は有志演劇も含めて、見る人たちは毎回すごい行列をつくります。私も列に並ぶけれど、会議だとかいろいろあって最近見れてないなぁと思っていたところで、夏休み中の講演があることを教えてもらって、たっぷり見ました。

いやぁ、久しぶりに観客になったけれど、いつもいつもおもしろい。
「演劇」で表現されるいろいろ。
会場となる多目的ホールの鍵を職員室に借りに来る人たちに、「演劇するんだ」という意気込みを感じたりします。

ほんと、おもしろかったわ。
ありがとう〜。

なかの。


このブログの人気の投稿

2017年度 自由の森学園入学式 校長の言葉

食堂オリエンテーション

東京大学×自由の森学園 教育・研究交流連携がはじまります