投稿

新しい教室での授業がはじまりました

イメージ
教室改修工事、先週末に工事がほぼ終わった教室に高校2年1組が移動しました。
教室がほのかな木の香りで包まれています。














大きく変わったのは、教室の後ろのロッカーと壁、そして天井です。
合板や合成接着剤を使わず、無垢のスギ材で作ってあります。
























収穫目前! 中学 森の時間より

イメージ
収穫目前ということで、

先週の中学、森の時間では、



















かかし作り。


そうなんです、以前植えた稲がだいぶ頭を垂れるようになり

スズメに食べられる前にかかしさんに見守りをお願いしようと。



稲わらも田んぼのご近所さんから分けてもらったり、

自由の森の田んぼからご近所の方との、繋がりがうまれているようです。



















服と、帽子をかぶせて、顔を描いて。


毎年、この自由の森の生徒がつくったかかしを

楽しみにしてくれている方々もいるそうです。


















たくさんのかかしができあがりました。



















こんなかかしとか、


















こんなかかしまで。


収穫まであとすこし。

見守りをおねがいします。


てつひさ

「俊じいとあそぶ会」

イメージ
谷川俊太郎さんが、また、やってきてくれました。

3年前にも来てくださって、そのときに83歳だということも知りました。 次の年に来てくれることになったのですが、谷川さんが風邪ひいちゃったり、学校の方もインフルエンザが流行っていて学級閉鎖をするクラスがいくつもあったりして、結局、その年は「俊じいとあそぶ会」を中止しました。ご年齢を考えるともう学校に来てもらうこともむずかしいとも思っていました。

3年前に中3だった人がいまは高3になっていて、3年前の谷川さんとあそぶ会をもう一度やりたいという話を聞きます。あのときの3年後だと86歳になっているはず。むずかしいと思っていましたが、ダメ元で連絡してみたら想像以上にお元気で、「いいですよ」と快諾してくださいました。
当日、タクシーでやってくる谷川さんを迎えるために外で待つ生徒から「もうすぐ俊じいが来るんだ」と電話をもらい、一緒に待っていると、谷川さん登場。谷川さんをもう一度呼びたいという子から、涙がぽろぽろ出ています。
谷川さんは「い」の真下のソファに座ってます

谷川さんサイン会
会が終わるとサインしてほしい人たちの行列ができました。 自分の持っている谷川さんの本を持ってきて、「サインを」という人たちもいるし、なんだかそのあたりにある紙でサインを求めたり。
今日谷川さんが座っていたソファは「いやいや貸してくれた音楽科のソファ」らしく、貸す条件として「谷川さんにサインをもらってこい〜」と、これもまたご快諾。

そういう事情を聞いた俊じいが、ソファのうしろにサインしてくれました。
「また連絡してね」と、お帰りになるときに言葉をもらいました。
もしかすると、来年も来てくれるかなぁ。

なかの。

もうすぐ稲刈り。

イメージ
学校の田んぼ、なかなかすくすく育っています。


稲刈りが楽しみです。





稲が育っています。

秋空と焼畑

イメージ
やっと、すがすがしい秋空になりました。


やっと、というか、もう、というか、残暑はどこへ??

とも言えますかね。

昼過ぎから、空気もカラッとしました。


そんな秋晴れの中、3階から見下ろすと、、、


高校生の選択自然の生徒たちが

焼畑と、そのあとソバの種撒きをしていました。


以前にも書きましたが、宮崎県の椎葉村から頂いて来た

5500年続く古来からのソバの種です。


あっという間に発芽するんですよね。

収穫の秋。読書の秋。

いろいろ秋は楽しそうです。


てつひさ

始業の会。

イメージ
とうとう、夏休みも終わり、

9月1日。

きょう始業の会でした。


















両校長からのお話があったり、

夏休みは、こんなことしてたよっ

という話がいくつもあったり、

やっぱりじっくりと取り組める時間って大事なんだな

って思いました。


この写真は、サンバに参加した生徒たちの報告です。

サンバもちゃんと報告しなくちゃ、と思いつつ、

インタビューするタイミングがなかなか無く、

9月のスタートですね。


学園祭も立ち上がりそうです。

だんだん秋めいてくる9月も楽しんでいきたいな。

と思います。


てつひさ

もりのあと 晩夏号が発行されます。

イメージ
もりのあと 晩夏 第18号 が発行されます。

発行は 明日、9月1日です。



















最近の、あついあつい残暑?に、

ひんやりとした表紙になっています。


14期生の加茂 昂( あきら )さんの作品です。



もりのあと が読みたい!という方。

学園事務局までお越しください。


学外配布スポットもだんだんと増えています。


てつひさ